loading

G701

11:00-12:00

高齢者介護施設におけるLED照明による生活リズム強化支援の役割

超高齢社会において、認知症患者の増加や介護負担の増大と人材不足など、高齢者介護をとりまく社会課題が深刻化しています。一方で近年、光が体内時計に及ぼす影響の解明が進み、照明システムによる高齢者の生活リズム支援技術に注目が集まっており、高齢者のQOL向上のみならず、介護者の負担軽減効果も期待されています。当社は本技術による介護環境改善を10年以上にわたり取り組んでおり、本セミナーでは最新の検証事例や、センサ/IoT技術導入、住環境改善による認知機能低下防止の可能性など、今後の展望も含めて紹介します。

睡眠評価研究機構 代表 白川 修一郎氏
,パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ライティング事業部 R&Dセンター 光応用技術開発部 野口 公喜