loading

G701

9:30-10:30

松下幸之助の企業家精神(アントレプレナーシップ)

松下幸之助は一代で世界的企業パナソニックを築きあげたアントレプレナーとしばしばいわれます。しかし松下によると、同社の発展は、自分一人の力ではなく、社員全員の力によって成し遂げられました。実際、ワンマン経営には批判的で、「衆知を集めた全員経営」を実践することに努めました。その結果、経営幹部のみならず、社員全員が知恵を出しあい、それを事業に生かしていくという組織風土が形成されました。松下が、「ムダな社員は一人もいない」という信念から、社員を大切にする経営を心がけてきたからだといえます。その背景には、独特の人間観や宇宙観があったことを併せて紹介します。

株式会社 PHP研究所 松下理念研究部 研究部長 川上 恒雄氏