loading

G409

17:15-18:15

高等教育における学びの環境の最新トレンドと今後進むべき方向性~アクティブラーニング、課題解決型学習の日米比較~

教育レベルの向上を目指した教育支援ツールとして、ICTの利活用が急激に進んでいる。自発的な学びによる創造的な人材育成が求められている中で注目される、アクティブラーニング、課題解決型学習が学びの環境をどう変えていくのか。業界のオピニオンリーダーをお招きし、その将来の姿についてご紹介します。

帝京大学 学修・研究支援センター長・教授 エデュケーショナル・コンサルタント  土持 ゲーリー 法一氏
,パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 メディアエンターテインメント事業部 ビジネスソリューションセンター ソリューション戦略企画室 安藤 亨