loading

Hall C

14:15-15:15

「家電」から「KURASHI」へ。~次の100年に向けたアプライアンス社の挑戦~

これまでパナソニックの家電は人々のくらしを便利にしてきました。しかし、くらしが成熟化し、ライフスタイルが多種多様化する中で、今後、自分らしい豊かさを求める人々にパナソニックはどうやってお役立ちするのかが、とても重要なテーマになっています。本セッションでは、一人ひとりのお客様に寄り添い、それぞれのライフステージに合わせ最適なくらし価値を提供し続ける、次の100年に向けたビジョンについて発信します。合わせて、オープンイノベーションのキーパーソンを迎え、アプライアンス社の新しい取り組みや、将来のくらしにおけるパナソニックの新しいお役立ちの姿について議論します。

https://file1.shanon.co.jp/panasonic100/client/session-img/C-304_1.jpg,https://file1.shanon.co.jp/panasonic100/client/session-img/C-304_2.jpg,https://file1.shanon.co.jp/panasonic100/client/session-img/C-304_3.jpg
パナソニック株式会社 専務執行役員 アプライアンス社 社長 本間 哲朗,
株式会社BeeEdge 代表取締役社長 春田 真氏,
千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 所長 古田 貴之氏